財布やコインケースを経費にする方法と勘定科目/確定申告と仕訳    

財布やコインケースを経費にする方法と勘定科目/確定申告と仕訳    
The following two tabs change content below.
花ちゃん

花ちゃん

確定申告が大好きなフリーランス
サラリーマンを経て2011年に独立。企業向けにWebマーケティングのお手伝いなど。
「会計や簿記が大の苦手で、確定申告シーズンはいつも憂鬱…」
だったんですが、青色申告を何度も経験するうちに大好きになりました。
スゴイ確定申告.bizでは「フリーランス目線」を大切にわかりやすさを重視!

財布やコインケースは常に持ち歩き、仕事をするうえでも出し入れしますよね。個人事業主(フリーランス)の場合、財布やコインケースは経費になるんでしょうか?

確定申告の仕訳・勘定科目についても解説します。
 
 

結論:財布やコインケースは経費になりません!

残念ながら、財布やコインケースは経費と認められません。経費というのは事業の売上に関わる費用のことですが、財布はほとんど関係ありませんね。

さらに、「仕事以外でも日常的に使うもの」は経費にならないケースがほとんどです。(メガネやスーツなど)

 

財布やコインケースに関する調査や取材のためなら経費になるかも

前述の通り、自分自身が使う財布やコインケースは経費になりません。では経費になるケースは全くないのでしょうか?しいて言えば、財布やコインケースに関する調査や取材のためであれば、必要経費となる可能性があります。

たとえばあなたが革細工職人で、ライバル製品などを研修調査するために財布を購入した場合、研究開発費になる可能性があります。

また、ファッションライターの方が雑誌の特集記事のため、複数の財布を購入し、機能性やデザイン性などを比較する場合。この場合は取材費などの勘定科目で経費扱いできる可能性があります。

 

事業としてブログ運営やネットメディア運営をしていて、そこにレビューを書く場合も同様に経費になる可能性はありますね。

 ブログやメディアがちゃんと機能しており、実際に事業売上につながっていることが前提です

 

まとめ

財布やコインケースは趣味性の高い、日常でも使えるアクセサリーということで、残念ながら一般的には経費にはなりません。ご注意ください。
 

確定申告!これって経費?シリーズ一覧

The following two tabs change content below.
花ちゃん

花ちゃん

確定申告が大好きなフリーランス
サラリーマンを経て2011年に独立。企業向けにWebマーケティングのお手伝いなど。
「会計や簿記が大の苦手で、確定申告シーズンはいつも憂鬱…」
だったんですが、青色申告を何度も経験するうちに大好きになりました。
スゴイ確定申告.bizでは「フリーランス目線」を大切にわかりやすさを重視!

これって経費?カテゴリの最新記事